歯科医師と歯科衛生士

歯科医師と歯科衛生士

歯科医師と歯科衛生士というのは、患者の治療に直接携わる職種になります。

 

一般的に歯科衛生士は女性の方が数が多いのですが、病院で例えると看護師の位置にあたる職種です。

 

歯科治療に必要な知識をもていなければなれない職種です。

 

歯科業界の求人情報では、歯科医師と同じくらいの歯科衛生士求人が出されています。

 

基本的に、一つの歯科医院に歯科医師が1人・・・というのが一般的になっています。

 

そして、一人の歯科医師に対して数人の歯科衛生士がつくのです。

 

歯科衛生士の方が給料は低くなりがちですが、女性の働き口としては安定した収入が得られると言われています。

 

もちろん、歯科衛生士は簡単になれるものではなく、専門の教育を受けておく必要があります。

 

ただ、歯科医師よりも求人数がかなり多いので、女性にとっては探しやすいですし希望条件に合った求人も見つけやすいかもしれません。

 

歯科衛生士は結婚後も続けられる仕事なので魅力的です。

 

自宅から遠くない歯科医院での求人があれば、通勤にも便利ですし働きやすいでしょう。

 

気になる収入も、時給1200円以上であるところが多く、月給でも20万円~30万円は得られるケースが多いようです。

 

歯科衛生士も学校を卒業しても一人前ではなく、仕事をしながら実務経験を積む必要があります。

 

女性が多い職場というのは、同僚との付き合い方が重要になるというのは、女性なら誰もが考えることですね。

 

長く働き続けるためには、職場の雰囲気を前もってチェックしておくことも大切になりますね。

 

ただ、職場の雰囲気や人間関係は実際に働かなければわからないことも多々あります。

 

まずは職場の雰囲気や人間関係に慣れようと努力することが先決でしょう。

 

そして自分のスキルを磨いていく努力をしましょう。